本音ソムリエ

物語に隠れた貴方の心、探しましょう。

運命の物語には、運命の言葉がある。

落語

子米朝

米團治さんをお目にかかる時が度々あり、どういった方なのかを知りたくて読んだ本です。 襲名前の小米朝時代を元に書かれたものですね。 読み応えは凄くありました。 子米朝というのは揶揄で使われていたものと作中にあります。 何せ人間国宝、桂米朝の長男…

落語と私

今私の中では落語ブームが来ています。 元々落語は嫌いではありませんでしたが、【人間国宝・桂米朝とその時代 】を期に、落語の深みに魅力を感じました。特に図録を読んでからですね。 桂米朝という人にはあまり馴染みがなかったのですが、大変興味を引きま…