読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本音ソムリエ

物語に隠れた貴方の心、探しましょう。

運命の物語には、運命の言葉がある。

えんとつ町のプペル

先月表紙買いした絵本です。綺麗ですよね。
漫才コンビ、キングコング西野亮廣さんが作者なんですよ。
いや、作者の1人と言うべきですかね。
私も読んだ後に知ったのですが、35人が分担して完成したものなんです。
内容は、映画を絵本化したような感じでしたね。
長いストーリーの中で厳選してこの場面を描きました!
みたいな感じ。ギュッと詰め込んだような作品です。
なので、映像化しても不思議じゃないよなって思ったり。
表紙からはわかりませんけど、ハロウィンの話でしたよ。
ゴミ人間プペルと、少年ルビッチが友達になるんです。
でもプペルは元がゴミだから、皆嫌がるんですよ。
ルビッチも仲良くしてるとイジメられるようになる。
するとどうなるか。突き放しちゃうんですよねルビッチが。
最終的には友達以上の大切な存在になってハッピーエンドなんですけど。
ホント映像化しないのかな?ちょっと見てみたいですね。

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル