本音ソムリエ

物語に隠れた貴方の心、探しましょう。

運命の物語には、運命の言葉がある。

子米朝

米團治さんをお目にかかる時が度々あり、どういった方なのかを知りたくて読んだ本です。
襲名前の小米朝時代を元に書かれたものですね。
読み応えは凄くありました。
米朝というのは揶揄で使われていたものと作中にあります。
何せ人間国宝桂米朝の長男ですから。
外見からだとしっかりしてそうに思うのですが、どうやらそうではないらしく、忘れ癖があるそうな。
その癖ゆえに引き起こした失敗談にハラハラしました。
米朝一門に関しても色々書かれており、一門がお好きな方は読まれてみてはいかがでしょうか?

子米朝

子米朝