本音ソムリエ

物語に隠れた貴方の心、探しましょう。

運命の物語には、運命の言葉がある。

はいからさんが通る

劇場版アニメ化を記念してかどうかはわかりませんが、新装版として再び売り出されていた【はいからさんが通る】も完結しました。
平成生まれの私はタイトルしか知らなかったのですが、とても楽しめました。
ただギャグシーンに関しては理解しきれなかったと言いますか、これはギャグだというのはわかるのですが、面白みを感じられず、流し読みになりました。
全8巻で、本編自体は7巻で完結します。後は番外編です。
番外編の中では特に冬星さんの話が好きですね。恋愛ではなく、友愛でもなく、情愛というものを感じます。
そもそも個人的に好きなキャラクターが冬星さんだからかもしれませんが。
私と同じようにタイトルしか知らないという方には是非読んでいただきたいですね。